植え替えのポイント

 

風花ガーデンのこだわりは、この薔薇だけのためにブレンドされた風花オリジナル培養土と、鉢の大きさ。一周り大きな鉢を選ぶことで、風にも倒れにくく、また安定した根張りが望めます。

 

2月に届いた大苗を風花の鉢に植えた手順を公開いたします。ぜひご参照ください。

 

 

 

 

はじめに、苗の根よりも一周り大きい鉢を選び、以下の土、肥料を用意します。

 

・土(風花オリジナル培養土

・レキ

・元肥(風花オリジナル)     ゆっくり効く(3~6ヶ月)

・春1番の肥料(シキシマトク1号) 速効性あり

・ニームパウダー         土中の見しの発生を抑える

 

まず、鉢の一番下には、レキを3~5cm程平らに敷き詰めます。

 

次に、土を2,3cm入れます。

 

苗を片手で持って、7~8分目くらい土を入れます。

 

【ここがポイント!】

鉢の中心で、鉢から見える部分をできる限りまっすぐに!

 

土を充分に手で押さえます。

 

一握りの肥料とニームパウダーを鉢の周りに入れます。

こんな感じ。

 

肥料などがかくれる程の土をかぶせます。

 

下から流れるくらい、たっぷり水を与えて完成!!

 

【ここがポイント!】

水やりは午前中にたっぷり行って下さい。夕方からの水やりは病菌の発生の原因に・・・ 

 

いかがですか?

最初にしっかりと土壌を作ることで、苗の生長が格段違ってくるのがわかります。

次回は、1番花が終わったら(7月初旬~中旬頃 北海道の場合)追肥をしてくださいね。

 

何かご不安な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

それでは、いっしょに薔薇生活を楽しみましょう!

 


Cookie ポリシー | サイトマップ

Copyright (C) 2018 Kazahana Inc,. All Rights Reserved.